今は2014年、子供や学生だったころに読んでいた
60年代、70年代、80年代の近未来SFで舞台になっていた時代にもうなってしまっています。

「2001年宇宙の旅」の2001年や、「2010年」もとっくに過ぎてしまいました。
今は当時から見た「近未来」そのものです。

当時の近未来SFを思い出してみると、今の現実とはずれていることがいろいろあります。
たとえば、2004年に鉄腕アトムが誕生したことになっていますが、
ああいうヒューマノイド型ロボットはまだできていません。

昔の近未来SFの映画などでは今頃は自動車が空を飛んでいるはずなのですが、そんなことも起こりませんでした。

あのアーサー・C・クラークでさえ、コンピュータが小型化することを予測できなかったし、
フィリップ・K・ディックでさえ2000年ごろまでに冷戦構造が終わることを予測できませんでした。
携帯電話がこんなに普及するということを予測できたSF作家がいたでしょうか。

もちろん、SFは別に未来を予測することが目的ではありませんが、
やはり人間の想像力というのは限界があるのだなあと思ったりします。

歴史には興味があるのですが、今まであまり大河ドラマを見ることがありませんでした。
その時間帯には予定が入っていたり勉強していたりして、
視聴する機会がなかなか無かったためです。

でも今年の大河ドラマの「軍師官兵衛」は初回から面白くて、家族と視聴を続けています。
役者の皆さんがそれぞれの戦国武将の役にハマっていますよね。
特に私は谷原章介さんの竹中半兵衛が理知的で素敵だなあと惚れ惚れしています。
それから小寺政職役の片岡鶴太郎さん、とってもコミカルな演技で毎回笑わせてもらっています。

この大河ドラマを見ることができてとても嬉しいです。
日曜が来るのがより楽しみになりました。
これからどんな展開になるのか、続きを楽しみに視聴したいと思います!

日本の住宅で特徴的なものといったら、やっぱり畳ですよね。
最近は洋風の部屋が増えてきましたし、
畳は虫がわくと避ける人もいるそうでフローリングの床が主流になってきました。

私は床に座って過ごすことが多いので、畳の柔らかさがある方が好きです。
日本人の住宅はヨーロッパやアメリカのものと比べて天井が低くて家具も背の低いものが多いですよね。
部屋も小さ目なことが多いですし、それならテーブルと椅子を置くよりも
低いテーブルで床に直接座ったほうが向いてる気がします。

畳張りならどこでも座れるし横になれるし、畳の優しい色を見るとなんだかホッとします。
畳の部屋は、フローリングやカーペットの床には無い魅力があると思います。ずっと残していきたい文化です。

私はいわゆる一発屋と言われる芸人さんが好きです。
ヒロシとか、レイザーラモンHGとか、小島よしおとか、波田陽区とか、
そのあたりの芸人さんが好きなので、また見たいと思っているのですが、なかなか出て来ないですね。

こういう人たちの名前をあげていたら、すごい記憶力だと言われてしまいました。
一発屋芸人さんたちは速やかに皆さんの記憶から消えてしまうようですね。
でもこの人たち、面白かったと思うんですけど・・・。

テレビから消えてしまうと何だか心配になって、今どうしているのかなあ、などと思ってしまいます。
ヒロシさんはツイッターにアカウントを持っているのでフォローしています。
細々と舞台に出たりしてがんばっているようですね。収入はだいぶ減ってしまったらしいですけど。

たまにはこういう人たちもまたテレビで取り上げてほしいなあと思っています。

Tカードを持っていますが、なかなかポイントはたまりません。
ポイントのつくお店はファミリーマートとドトールとガストぐらいしか使わないもので・・・。
友人はツタヤとガソリンスタンドでけっこうポイントを稼いでいるようです。

このごろやっとポイントを早くためる方法に気づきました。
ファミリーマートでポイントサービスキャンペーン商品になっている商品を購入したり、
ポイント2倍になる火曜日と土曜日に買い物するといいのです。

キャンペーン商品は10ポイントとか、20ポイント、30ポイント、50ポイントなど一気にもらえるものがあります。
50ポイントや70ポイントがつくような商品はさすがに高額商品が多いし、
あまり使わないようなものだったりするので買えないですが、
10ポイントがつくペットボトルのお茶とか20ポイントがつくビタミンドリンクなどならついでに買っても大丈夫。

そういう風に心がけたらずいぶんポイントのたまるのが早くなりました。

近所のスーパーで大根半分が60円ちょっとで売っていたので購入しました。
一人で食事を採るときには、大根を使った大根餅を食べて済ませることがあります。
ネットで見つけた簡単&節約レシピの一つです。

作り方はとてもシンプル。大根をおろして、水気を切って小麦粉と片栗粉を混ぜて、
食べやすい大きさのお餅にして、フライパンで焼くだけです。
適度にこんがり焼けたら裏返してまた焼いて、砂糖醤油をつけて食べます。

できたての熱々だとなかなかおいしいです。ほとんど大根だけではありますが、
野菜を使っているからそれなりにビタミンが採れるし、何より安上がりで手間もかからず、
まあまあおいしく食べられるというところがいいです。

ボンビーレシピですが、一度試してみる価値はあるかも。

外国人の人たちが日本に来て、一番驚くことの一つが
日本のトイレがとても清潔で整備されていることだそうです。

ほとんどの公共のトイレはウォッシュレットがついているし、掃除も行き届いていて快適な空間になっています。
必ずトイレットペーパーが備え付けられていて、誰もそれを持って行く人がいないところも外国人には驚きなのだそうです。

うちはまだウォッシュレットは使っていないので、外に出るとトイレに入らせてもらうことが多いです。
駅ビルにあるトイレは清潔できれいだし、ウォッシュレットもついています。温水が出て気持ちよく快適です。
日本人の清潔好きという特性が表れているのが日本の公共のトイレではないでしょうか。
これは日本人が誇りにしてもいい文化の一つだと思います。

珍しく本棚の整頓をしていたら、新婚旅行の時の資料が出てきました。
もう5年も経つんだな、と思いながら中身を出してみると、ツアーの行程表が。
日が昇る前からバス移動の弾丸ツアーだったっけ。

そういえば、安いツアーで行ったからか、団体で食べた食事はほとんどハズレだったよなぁ。
日本で食べたほうが断然おいしいパスタとか、
身動きが取れないほどすし詰め状態で真冬なのに汗だくで食べた中華とか。

中でも酷かったのはリッボリータという料理。
その昔、貧しい時代に、おいしくないパンをおいしく食べるために工夫したという
パンのお粥のようなものなのだけれど、食前に出されたパンが本当にマズイ。
そして、それを使ったリッボリータもマズイ。

おいしく食べられるように工夫したんじゃなかったのか?というか、
パンのマズさは再現する必要ないよね?
疑問と不満が残る食事でした。

次に海外旅行に行くときは、絶対美味しいものを食べたいです。

先日、友人と韓国料理の店にいって、ものすごくファンになった食べ物があります。
それは、「トック」です。お餅のような、ご飯のような味わいです。

韓国の独特の調理で、トックをいただいたのですが、
その味は再現できないのですが、トックを家でも食べてみようと思って、トックを買ってきました。

まずは、お鍋にトックを入れました。モチモチとしたお餅のようでおいしかったです。
しかも、お餅より、良いかもと思いました。

トックはモチモチなのに、汁にとけません。やわらかいのに、形がちゃんとあり、崩れません。
お餅は時間が経つと鍋の中で行方不明になりますが、トックは、いつもその存在を主張しています。
トックはもち米ではなく、普通のお米で作っているのかなあと思いました。

最近では、ラーメンにも、味噌汁にも、汁物には、全部トックを入れています。
とってもおいしいです。体重増加がちょっと、気になりますが・・・。

私の家には犬と猫がそれぞれいます。
ペットたちと過ごしていると疲れていても癒されます。

我が家の猫はよく走り回ったり暴れたりするのですが、
たまにふと猫の方を見るとぐっすり眠っていることがあります。
その寝顔は普段の暴れている時とは違い、すごく可愛くて癒されます。
そのギャップについ微笑ましく思ってしまいます。

逆に犬たちの方は普段は犬小屋でおとなしく寝ているのですが、
私が近くに行くと膝のところに近寄ってきたりします。
それがすごく可愛いです!
それでも散歩になるとはやぎすぎて、よくリードが体に巻きついてくるのには少し困ってしまいます。
その辺りはまだしつけないとな、と感じてしまいます。

犬と猫は一見仲が悪そうに見えますが、うちの子達はそこまで仲が悪そうではありません。
特に犬の方が猫のことを気に入って構ってほしそうにしています。
その時の仕草などがすごく可愛くて、見ていて癒されます。